スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ツツドリ

2017/10/12 Thu 21:00


064A9040.jpg

ツツドリ 夏鳥 33cm
Cuculus saturatus
Oriental Cuckoo

日本で、托卵という悪魔的所業をする鳥は3種いて、カッコウ、ジュウイチ、そしてこのツツドリ。
いづれもカッコウ科。
今は東南アジア方面へ帰る途中です。

064A9000.jpg




初めて見たときは衝撃的でした。
15:15あたりから。


スポンサーサイト
野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0)

オオヨシゴイ

2017/10/10 Tue 21:00


064A8983.jpg

2017/10/7
オオヨシゴイ(♀) 夏鳥(希少) 全長33-39cm
環境省カテゴリ: 絶滅危惧ⅠA類(CR)
Ixobrychus eurhythmus
Schrenck's bittern

チャリで15分の公園に希少な鳥が寄ってくれました。
この公園の子供広場が都市公園の割には結構遊具の種類があって、
次男をよく連れてきてました。涼しくなったので最近はほぼ毎週。
そこから1分ほどの場所にオオヨシゴイが現れるとは。
夕方、一人で行ってきました。


064A8794.jpg

064A8845.jpg

064A8960.jpg
ザリガニをゲット。

064A8718.jpg

↑羽繕い↓

064A8714.jpg


064A8764.jpg
飛んではくれない・・・

064A8682.jpg
↑擬態のつもりのようです。
上を向いて首を伸ばした時に、首の縦筋がヨシの茎のように見えるので
敵が来るとこういうポーズをするようです。
ヨシ原であれば効果があるのでしょうが。。。
因みに、ヨシゴイの♀はもっと縦筋が薄いようです。


064A8629.jpg
こちらも擬態ですかね。
外敵は、カラスがいましたけど。他はカメラマンが30名程。


064A8737.jpg
ほとんどこんな感じで、隙間を見つけて覗かないと、顔が見えないという感じでした。
上の方の全身写真は、日暮れ直前にやっと活発になって、
エサを採り始めてくれ、最後の数分にやっと撮ったものです。

この♀も子育てを終えて(幼鳥だったら違いますね)
東南アジア方面に帰る途中なわけですが
日本は開発でヨシ原がどんどん減って
そこで暮らす鳥たちも減ってます。
近い将来日本で見られることはなくなってしまうかもしれませんね。
残念ですが。

絶滅危惧ⅠA類(Critically Endangered,CR):ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの




野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。