013A9866_20160630100413f4a.jpg


コアジサシ
Little Tern
Sterna albifrons sinensis

28㎝ 60g(成鳥)

絶滅危惧Ⅱ類(VU)
www.jpnrdb.com/search.php





P1190147.jpg


「凄い数のコアジサシが営巣しているよ」


という情報をミスターXから頂き、先週行ってきました。

コアジサシが集団で営巣することは知っていたけど、

県内にそんな場所があるとは・・・・

実際見るまでは想像もできなかったのですが・・・


驚きました。


(数えた人によると)200羽以上、至る所で営巣していて、ヒナの運動会状態。。。


正直、何から撮っていいのか、

どこから手を付けていいのか、わからないくらいでした。

先月から、車で出かけるたびに、営巣しそうな空地を探し、

コアジサシかコチドリが座っていないか双眼鏡で覗いていたのに

ほとんど見つからず、今年もヒナは見れずかと諦めていたので

自分にとっては何より嬉しい現場です。

ありがとうございます<(_ _)>






これだけ数がいると、様々な成長過程のヒナがいて、


P1190198.jpg

目を閉じてます。ちょっと大きくなったヒナ。

コアジサシは、1~4個の卵を産むそうです。



013A9740.jpg

生まれて間もない感じのヒナ。



013A9797.jpg

結構大きな魚も食べるんですね。




013A9778.jpg

親鳥は魚を獲りに、近くの川を行ったり来たり。




013A9487.jpg

営巣場所選びを間違えると、雨で水没してしまいます。
温めることができなくなって孵化しないことも多いようです。



013A9428.jpg

早く梅雨が明け、親鳥には頑張ってもらいたいです。



013A9519.jpg

恐らく、放棄されてしまった卵。。




コアジサシは巣らしい巣は作らず、浅い窪みを作る程度。

外敵に見つからないように、卵も周りに溶け込むようなデザイン。

そして、ヒナも周囲と同化するようなカラーリングで、パッと見わからない。


P1190379.jpg

中央に1羽います。



P1190413.jpg

草の右に2羽います。

なかなか気づけませんよね。



P1190605.jpg

親の羽根の下に入っていたのですが、出てきました。

親鳥は、温かくなり過ぎないように羽根を広げて影を作り、太陽の熱から卵を守ったり、

時には体を濡らして卵を冷やしたりもするそうです。



P1190327.jpg


P1190312-2.jpg

元気に育つことを祈ります。


















関連記事
スポンサーサイト
野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示