断煙 20日目

2016/10/19 Wed 21:00


あれから20日。

タバコは吸っていない。
シガノンはCQ1は毎日貼っている。
シガノンだが、初日に感じた感動はもうない。
シガノンあったら、タバコ絶対いらないやと思えたのは、最初の一週間くらい。
だが、これをタバコに変えたいなとは今は思わない。
6週間は貼れとかいてあるので従おうと思う。
試しに貼らずに過ごしてみようと思った日があったが、
危険なチャレンジはやめて昼には貼っていた。


20日断煙して何か変わったか?

タバコが切れそうな時、吸い場所に困ったときの不安やイライラがなくなった。
これは、シガノンのおかげ。

カミさんが今までより優しくなったような気がする。
吸うたびに体につくタバコの臭いがなくなったおかげ。
出かける前の、「ちょっと待った一本だけ」がなくなったおかげ。

JT、JTのCMを憎むようになった(笑)

コンビニを避けるようになった。

コンビニの前で吸っている人を視界に入れないようにしている。
だが、、吸いたくなるから、きっと吸いたくなるだろうという恐れがあるからではない。
喫煙者を気の毒にに思えてしまうからだ。
テレビや映画で、薬中のジャンキーを見て、哀れに思うが、それと同じ。
ちょっと前までの自分のように、
あと箱に何本入っているか、常に把握している日々。
「5本あるのか、買うのは明日でいいな」
「当然いつかはやめるつもり、でも今日じゃない。」と思いながら吸っている人もいるだろう。
そして、今までは自分も、禁煙成功者からこんな風に見られていたのかと(自分はまだ禁煙成功したわけではないが)。
恥ずかしくなる。

今の時代、禁煙を考えたことがない喫煙者は、いないだろう。
非喫煙者は、やめたくてもやめられない我々の苦しみはわからないだろう(わかる必要もないが)。
ただ、「まわりに迷惑をかけるクサい奴ら、とっとと肺がんにでもなって死ねよ。」
と思っているだろう。それでいい。そう思ってくれる奴が多ければ、いつかタバコは消え失せる。
これ以上喫煙者が増えてほしくない。
だが、タバコの依存性は非喫煙者が想像つかないくらい強いんだよということもわかってほしい。

もし、禁煙を考えていて、根性禁煙しかしたことがなかった方がこれを読んでいたら、
まだ自分は成功したとは言えませんが、シガノンいいですよ。
あと、もし、今自分が喫煙者で、長時間絶対吸えない環境にいなければならないとしたら、
シガノン持っていくでしょう。それくらいこいつは頼りになる。なってしまう。


昨日はyoutubeで
禁煙CMコンテストの上位作品、
グロくて有名なオーストラリアの禁煙CMなどを見た。
タイの禁煙推進CMにはちょっと感動してしまった。



関連記事
スポンサーサイト
日記のようなもの | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示