スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

鳥なのに赤い大猿

2017/02/18 Sat 22:00



013A8077_20170217131010489.jpg

013A8125_2017021713101153a.jpg

オオマシコ(大猿子)



ここはダメだ、カラ類しかいない、標高が高すぎるんだ、餌になりそうな実もないし、帰ろう

と決めて歩き出すと、

珍しくカラ類の声とは違う声が近づいたので、なんか来たかな?と見上げると
一羽の赤い鳥。
ベニマシコか~!ラッキー!(これまでメスにしか遭遇したことがないので)と撮影。
30秒くらい枝にとまっててくれたけど、食べ物があったわけでもなく、飛んでしまった。
気づかなかったけど近くに6羽くらい仲間がいたようで、合流してそれっきり。
しかし、ベニマシコはセイタカアワダチソウが定番だったような。。。どこ見てもこんなところにないし。
車内で図鑑を見比べるとたぶんこれはオオマシコ。

マシコというのは猿という意味だそうで、猿に似ているからこの名前が付いたそうです。
そんなに似ているとは思えませんが。
他にもベニマシコ(紅猿子)とかいますが、冬のベニマシコはもっと赤色が薄いみたい。

それにしても、こういう派手な色の鳥に遭遇すると嬉しいもんですね~♪










関連記事
スポンサーサイト
野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。