オオマシコを探して

2017/02/22 Wed 23:00


P2560916.jpg



P2560953.jpg



P2560955.jpg



P2560964.jpg



P2560935.jpg



P2570136.jpg



P2570138.jpg



P2570140.jpg






すべてデジスコ使用。







前回ここへ来たときは、
どうせいないだろうと、双眼鏡だけ持って捜索しているときに
実を啄んでる4羽を発見。
しばらく食べていそうだったので
急いでデジスコセットを取りに車に戻り、
セットを抱えて、可能な限り音を立てずに走り、
再びオオマシコのそばへ。
デジスコセッティングも完了。

さあ、撮ろうとファインダーを覗いた時に、
オオマシコたちの向こうのカーブから
白い車がバリバリバリと路面の氷を割りながら上ってきた。
その若者の片手にはスマホ。恐らく雪景色の動画でも撮っていたんだろう。
当然オオマシコは飛び去った。タイムリミットギリギリまで待ったが現れなかった。
当然だが、若者に罪は全くない。

しかし、数時間に1台通過するかしないかという忘れられた道で、
やっと見つけたオオマシコを、まさに今から撮影に入るというあのタイミングで
なぜ車が現れたのだろうと考えながら帰った。
何かの意志を感じた(笑)

あの時、撮れていたら、もうここへ来ることはなかったと思う。
とはいえ、今回のように近づいてくれる感じではなかったので
仮に車が来なくても満足いく撮影ができたかはわからない。

今回、
着いて5分以内に現れて、それから20分撮りっぱなし、そして撤収。
これまで4回ほどここへ来ていて、オオマシコに会えたのは2回。
それぞれ2時間ほどいて会えたのは30秒程だった。
今回は、今までの苦労は何だったのかというほどの効率の良さ。こんな日もあるのか。
たった30分しかここにいられなかったのが残念だったが、満足。

デジスコは面白い。それは間違いない。
だが、今回の一件でデジスコの限界も感じ始めたのだった。。。











関連記事
スポンサーサイト
野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示