カワガラス

2017/03/16 Thu 22:00



とある橋桁にひっそりと作られたカワガラスの巣。




064A7981.jpg

カワガラスは他の鳥たちがと違い、

子育て時期が早く、今頃がピークのようです。

前回、行ったときは抱卵中で動きはなかったのですが、、



064A8000.jpg

今回行くと、挙動不審なもう一羽の親が、

エサを咥えて橋の下で周囲を伺っていました。

嘴には何匹も水生昆虫が。



064A8010.jpg

しばらくすると、飛び上がって、

巣に顔を突っ込みました。



064A8012.jpg

ちゃんともらえたかな?




064A8017.jpg

巣の中に落としてしまったのか、母親が嘴で入れてあげます。

この風貌の感じだとまだ生まれて間もないのかもしれません。



064A8034.jpg

また、母親の下に隠れてしまいました。

大事に大事に守られて育っているようです。

10分くらいしか観察しなかったので、

ヒナ一羽しか確認できませんでしたが、

通常4~5個の卵を産むようです。







P1060346.jpg

そこからほど近い橋の橋桁に作られたもう一つの家族の巣では、

親がヨシノボリっぽい魚を運んでいました。

こっちはヒナの声しか聞こえなかったのですが、

運ぶというより、

「ごはん欲しかったら下りてきなさいよ~」

と焦らしつつ巣立ちを促すような感じ。

こんな大きなものが食べられるなら

そろそろ巣から出てきてもいいような気もしますねえ。



ていうか、

巣から出るといっても

ここからだと、

7m位下の岩場に降りないといけないわけで

完全に飛べないまでも、

軽く羽ばたいて、フワッと着地できるくらいには

ならないと巣から出られない?

ということは

橋桁生まれは、結構大きくなってからでないと

外の世界に行けない?

ヒナっぽい可愛さがその頃残っているのだろうか(笑)





カワガラス、、

カワセミと同じく、

一年中、川にいて、

魚も採れるし、

潜りもカワセミより上手いのに

その果てしなく地味な風貌ゆえ

ほとんど誰にも気づいてもらえない鳥、、、



でも

尻尾の動きが可愛いいので

コンデジ動画をどうぞ。









関連記事
スポンサーサイト
野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示