クロツラヘラサギ

2017/03/31 Fri 23:01


家族旅行で温泉好きのカミさんの希望で
鹿児島、桜島に行くことが決まった瞬間、
この鳥のことが頭に浮かんだ。
旅行中に何とか見れないものかと。

鹿児島といえば、出水平野で越冬するツル、万之瀬川で越冬するクロツラヘラサギが超有名。
できればそちら側(鹿児島県の東シナ海側)へ行きたいのですが、
今回は桜島、錦江湾ということで鳥は無理か~とあきらめかけた時、
ネットで、
錦江湾のどこかの調整池でも
クロツラヘラサギが毎年越冬してるらしいことがわかった。
しかし、調整池はいくつもあって、
3歳児連れてのレンタカー移動中に全部回るわけにもいかず、
長引けば「もう、家族旅行なのに、鳥、鳥言って(怒)!」と
カミさんの逆鱗に触れることは目に見えていたので
どこか一か所に絞って、鹿児島市内から桜島への道中、
ちょっとだけ寄れる場所はないかなあと、
出発前日に、ダメもとで、
『日本野鳥の会 鹿児島』にメールしてみると
「ここにいるはずです」と、こちらの希望通りの、
ちょっと寄れる調整池を道順まで丁寧に教えてくれた。



調整池へ続く、堤防の道を進んで行くと、
遠く調整池がある辺りに車(観察者)が一台も止まっていないことがわかり、
池に着く前に、「ああ、クロツラいないのかぁ~」と確信。
がっかりしながら、とりあえず調整池を見渡す場所へ止めると、
奥にコサギのような白い鳥が13羽、一列に並んで休んでいた。
最初、顔を羽の下に入れて隠してしまっていたので
何サギかはわからなかった。

近くに、アオサギがいた。
比べると、
アオサギより小さくてコサギより大きい感じ。
アオサギやコサギがこんなに集まって休んでいるところは
今まで見たことがなかったので、
もしかして、これ全部がクロツラさん・・・・?
と思い始めた。

しばらく双眼鏡で見ていると、
一羽が羽繕いを始めた。

太く平らな黒い嘴が見えた。

クロツラヘラサギだった。


P2570558-3.jpg
クロツラヘラサギ様御一行

無事、クロツラヘラサギに会えました。
感謝のしようがないです。
「日本野鳥の会 鹿児島」 H様ありがとうございました。




この世界的希少種の一団を我々だけで観察しているという
場違いな感じをわかってもらえるだろうか。
撮影条件の悪い晴天のお昼とはいえ、愛知だったら車列ができるだろうに。
さすが鹿児島。クロツラヘラサギに選ばれた越冬地の余裕。

しかし、本当に会えるならそれなりの装備で来たのに、、
どうせ3歳児の世話に追われて鳥の写真どころじゃないだろうと
この旅行はコンデジと双眼鏡しか持ってこなかったのが惜しい。。


P2570558.jpg
右端、足環ついてますね。

P2570595.jpg
近づくアオサギを警戒してるのか、怒ってますね。

P2570610.jpg

P1060539.jpg

双眼鏡やデジカメの液晶をカミさんに見せ、
クロツラヘラサギの希少さを説明すると、
興味を持った様子。
すんなり出逢えたし、予想外に終始ご機嫌で助かった。
次男も、すぐ近くの窓の外をハクセキレイが常に行ったり来たりしてくれて、
飽きずにご機嫌。
俺と長男はもちろん、
非常に思い出深い鳥見になりました。






関連記事
スポンサーサイト
野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示