お久しぶりです。

鳥見には出かけられず、前回設置したトレイルカメラの回収にも行けず、
どうにかして行きたかったFairy pittaのヒナも巣立ってしまったそうで、
記事のネタになるようなこともないのですが、
何か書かないと広告で埋まってしまうので、少し近況を。

5/5
GW中、長野県の母の家に遊びに行った帰り際、
子供が巣箱をかけたいと言い出した。
ずいぶん前に巣箱(シジュウカラ用の穴あり)を二つ買っていて、
今度木にかけようね、と言ってはいたが、
今シーズンも忘れててかけず仕舞いだった。
シジュウカラの巣箱をかける場合、
「前の年の秋頃設置すると、
シジュウカラは何度か物件選びの偵察に来て、
気に入ったら3月~4月に営巣を始める。」
という感じのはずなので、5月にかけても営巣するわけないし
今年の秋にでもかけようかと思っていた(もし覚えていたら。。。)。
でも、あまりに巣箱巣箱言うので、わかったわかったと
庭の西側と東側に一個づつヒモでくくりつけた。
脚立出す時間もなかったので、1m60cm位のところにパパッと。

家のある場所は標高約800m、周辺は牧草地。
見られる鳥は、オナガ、たまにチョウゲンボウ。
あとはカワラヒワ、モズ。珍しい鳥には遭遇したことなし。
隣が針葉樹の小さな林で、冬は、メジロ、エナガ、を見たことがあった。
夏はカッコウ。
この頃、トレイルカメラで遊び始めていたので、
そのGWに泊まっていた時、試しに皿に水を入れて庭に仕掛けてみた。
映像を見るとモズ、シジュウカラ、スズメが水飲みに来ていた。


5月下旬
たまにしか来ないし、皿に水を入れたとしても
すぐ乾いてしまうから、鳥が立ち寄ってくれる庭にはならんよな。。。
と思っていると、蛇口につけるタイマーがあることを知る。
例えば4時間おきに5分通水とかできる。
これがあれば乾かない水場を作れる!と
ちゃんとした石の水場を作りに再訪。
猫の攻撃を避けるために、地面からの高さは1m位。
背後は葉の茂った木。
そして、ネットワークカメラも設置。
スマホで170km離れた場所をいつでも観察できるようにした。
便利な世の中になりましたね。
カメラは屋内用の赤ちゃん監視とかで売られてるおもちゃのような中華製を
防水加工(虫ケースに入れて、レンズ部と底に水抜き用の穴を開けただけ)
して、直射日光除けも追加。
この時、帰り際、なんとなく巣箱の前を通ると穴にクモの巣がかかっていたので
ダメだこりゃと中身も見ずに帰宅。

石水場を設置した翌日に、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリが映るようになった。
この3種はしばらく常連になった。
さあ来てるかな?とアプリを立ち上げたときに、鳥が水場に来ていた!ということはほとんどなく、
動体検知してマイクロSDに録画してくれて、あとでそれをスマホで見るのだけど、
最低感度にしても背後の葉っぱが風で動くだけで録画されていたりするので、
鳥の映っている動画を探すのが結構めんどくさかったり。


6月中旬
地面にも水場を設置したくなり、再訪。
カメラも追加。
このとき、前回、東側巣箱の前を通りかかったときに、
穴にかかっていたクモの巣がないことに気づく。
まさか。。。と思って開けてみると、






IMG_9523x-2.jpg


驚いた。こんな若木に固定したのに。
そういえばさっきからシジュウカラのさえずりが普段よりやかましいような。
よく見ると、卵はない、コケはあるが、獣毛はない。
営巣中なのか。放棄した後なのか?
わからないまま帰宅。

地面水場カメラにはいつも一羽でやってくるスズメがしばらく常連になった。








7月2日
巣箱が気になってしまい再訪。
中を確認すると、前回から変化なし。。。残念。営巣放棄だったか。
家の前の電線のシジュウカラが騒いでいた。
石の水場に毎日来ていることは知っているので
ちょうどその時間なのかな~と、さっさと終わらせてあげようと
急いで地面水場の改良作業をしていた。
ふと、東側巣箱の木から鳥が飛び立ったような気がした。
東側巣箱は開閉式ではなく、天板をネジで止めるタイプだったので
設置した5/5以来、一度も開けていなかった。
西側巣箱の営巣跡を見つけた時も、一つの庭に二つ営巣はありえんだろと
東側巣箱は確認しなかった。
今回、もし西側巣箱が営巣していた場合、
下部の開閉できるフタを開けても巣材でふさがっているので
上部の出入り口の穴から中を見るために
スマホにつけられるUSB内視鏡を持ってきていた。
試しにそれを使って、中を見てみた。
すると、巣材に囲まれた卵らしきものが見えた。
この内視鏡、ピントの範囲が4~6cmなので
巣内の全貌がわからない。
さっきからシジュウカラが電線で抗議しているので迷ったが、
どうしても見たかったので、ドライバーで開けてみた。
















P1070773-3.jpg

マジか。。。
いつから営巣していたのか。
西側巣箱を放棄したあとすぐ作り始めたのかな。
それとも別なペアか。
いつも石水場カメラに映ってるペアなのか?
わからんが、とりあえず、
ヒヨドリばかりが来るようになって最近飽きてきた石水場カメラを
巣箱前に移動。


↑抱卵前、7/4   オスメスでお出かけする姿がよく見られた。




7/9
7/8まで頻繁に出たり入ったりしていたメスがあまり外に出なくなった。
シジュウカラは毎日1個、早朝に産み、平均8ー10個産む。
すべての卵がほぼ同時に孵化するように調整するために
全部産み終わってから抱卵を始める。
抱卵を始めたら、メスがあまり外に出なくなり、メスのためにオスがエサを運ぶ。
10個産むとしたら、7/9の朝産んだ卵が10個目だ。
抱卵に入ったと考えていいような気がする。
13~14日抱卵して、孵化らしいので
順調にいけば、7/22くらいに孵化か。
しかし、春の子育てと違って、この暑さだかもっと早く孵化するのかもしれない。
7/19頃か?
ネットでシジュウカラの子育てを探すと、どれも3~6月頃の営巣記事しかなく、
7月下旬に孵化、8月上旬巣立ちあたりの記事のは見当たらない。
やはり孵化は早いのだろうか?どれくらい早いのか知りたい。

このペアも今シーズン2回目か3回目の繁殖なんだろうけど、
3回目というのは、巣立ち率は急激に下がるらしい。
春にはまだあまりいない、「ヘビ」が出てくるので全滅させられてしまうそうな。
ヘビ返しをつけることも考えたけど、巣箱を設置した木が、太い一本木ではないので、
どう作っても登られると思う。ヘビの壁を登る能力は凄まじいから。
見つからないことを遠くから祈るしかないですね。

7/13
今のところ無事のようで、日に2~3回オスもメスも水浴びに来てる様子が映っています。
いつもと変わらず、18:30~19:00にメスは巣箱に入り、朝まで出ないという感じ。


それではまた。






営巣するとわかっていたら、設置前に巣箱内部カメラ仕掛けたんですけどね。。。
今からそれをやって営巣放棄されたら元も子もないですね。






関連記事
スポンサーサイト
巣箱 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
今日は、うわぁ~!長野に別荘有るんですか、うらやましい~ぃ。
子供さん、大きく成られたのでしょうね。庭水場の動画に涼を感じられ良かったです。
No title
コメントありがとうございます。
ウッドデッキがあって、暖炉があって、煙突があって、、、というおしゃれな別荘なら良かったんですが、移住予定で母が建てたけど予想外に親父が早く死に、使い道と庭の雑草に悩まされてる普通の家ですね。見晴らしだけはいいんですけど^^マンションと違って走り回れるので子供はいつも大喜びです。隣がカラ類の巡回コースになってるようなので、この庭にも寄ってもらえないかと冬季の餌台を考え中です。いつかエナガの集団水浴びを見たいんですけどねえ〜

管理者のみに表示