ダメだ、ダメだと思いつつも、
巣内を見たい、いつでもどこででも巣内の様子を、ヒナの成長を見たい。
という欲求を抑えきれず、
急遽、巣箱の天井の板にwebカメラを仕込んだものを作り、
天井の交換に行って来た。
水場のようにネットワークカメラを仕掛けられれば、パソコン不要で楽でいいのだが、
10㎝程度の距離にピントが合うものが見つからなかった(防犯目的で使うのが普通だから当たり前だが)。
webカメラだと、かなり近距離でも十分使えた。
ノートパソコンにつなぎ、chromeリモートデスクトップで遠隔監視することに。

一番の気がかりは、これで巣を放棄したりしないか?ということなわけで
外から巣箱を見ると、明らかに屋根にボコッと箱が付けられている感じ。
巣内から天井を見ると、2×4cm程度の穴からレンズが見えているという感じ。
この違和感に気づかないわけがない。

改修前後の写真

IMG_9582 (2)



IMG_9936 (2)
急いでいて撮り忘れたので内部カメラ写真は無し


いろいろ読むと、
「シジュウカラは警戒心が強いから営巣中に巣箱を開けるのを見られただけで放棄してしまうこともある。」
と書いている人もいれば、
産座から外に出てしまった卵を、防御態勢で構えるメスが巣箱の中にいる状態で、
「よしよしごめんね」と産座に戻してあげても大丈夫だったという猛者もいるし、
ヒナの体重を毎日測って戻した(自由研究用に)とか、
まあ、その鳥の性格によるのでしょうけど。
先日、たまたまペットショップで小鳥のヒナの口に注射器でエサを押し込む作業を見た。
これなら誰でもできそう。忙しそうだったけど。
もし、放棄したら自分たち(家族)で保護して巣立ちまで育てる覚悟の上、
カメラを付けることにした。

到着して、
オスメス二羽ともいなくなる時を待ち、
1分で終わらすつもりで作業開始。
2個のネジで固定された天井を電動ドライバーで素早くはずし、、
ヒナの塊があった!
中の写真を撮り、新天井をセットし、再びネジを締める・・・・
が、焦ってネジを雑草の中に落としてしまい、探すのに1分もかかってしまった。
予想以上に親の帰りも早く、電線の上から聞こえてくるシジュウカラ猛抗議の声。
やばい、やばいと撤収まで3分ほどかかってしまった。

早速、パソコンに繋ぎ、内部を見ると、ちゃんと映っていた。
たったひとつの直径3㎝程度の穴から巣内に入る光だけを頼りに観察するので、
どの程度見えるのか心配だったが、日中はこれで十分だと感じた。鳥は日が暮れたら塒入りするし。
前回、卵を発見した時と比べて、
獣毛で作られた産座が大きくなっており、整然としている。
かなり丁寧に産座が作られていることに感動。
ここで次々に孵化していったのかと思うと、感慨深かった。

撤収して、3分程で、メスが巣箱に近づき、
いつも巣穴に入る前に止まる枝まで降りて来た。
が、中には入らず、どこかへ行ってしまった。
これはやばいかも知れない。。。と焦ったが、
5分ほど待つと戻ってきて巣穴に入った。
同時に、巣内に入って来る姿がパソコンに映し出された。
エサをヒナに与えた後、天井のレンズが視界に入ったようで、ガン見された。
危険か安全か判断しているのだろう、頭を小さく動かしながら様々な角度でこちらを見ている。
鳥から見られているわけはないのに、すべてを見られているような。動けなかった。
息を殺し、祈りながらメスの挙動を注視した。
映画「ヒート」で、深夜、仕事の見張りに立つデ・ニーロが、ほんの小さな音で監視に気づき、
監視カメラ越しに凝視されたアル・パチーノの気分(笑)

緊張状態が続いているときに、オスが入ってきて、ヒナにエサを与えた。
メスと違い、レンズにを気にする感じはなかった。
オスはエサ探しに出て行ったが、メスはヒナの集団の中央に座った。
天井が何かおかしい。今離れてはいけないと思ったのかも知れない。
座りながら、ずっとこちらを見ていた。
そのメスも1時間後には、エサ運びを再開していた。
営巣の放棄はないと思っていいか。
俺は許されたのだろうか。

P1070773-2_2017072302040556f.jpg






DSC03198.jpg






給餌、ウンチの運び出し



ヒナは、7羽確認。
気がかりなのは、
産座の右側にヒナと同じ色の赤い丸。
これはなにか?
動きはない。巣材にしては不自然な赤丸(動画では左側)
恐らく、死骸だと思う。
体のほとんどは獣毛に埋もれている様子。
親鳥は気づいているのか?
我々はこれにどう対応したらいいのか。
腐敗が進む前に取り除くべきか。

巣立った後、巣を開けてみると、成長できなかったヒナの死骸があった・・・
という話はよくあることらしい。
巣立つ前に気づいてしまった場合はどうすればいいのか?
自然に任せるか、取り除いてやるか。
もう少し様子を見るか。




7/2
卵3個確認

7/7
卵8個目(推定)
抱卵に入る

7/18
孵化(推定)

7/22
ヒナ7羽と☆1羽





関連記事
スポンサーサイト
巣箱 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示